カテゴリ:地下鉄( 18 )

b0271141_1174066.jpg

地下鉄の駅ホームってなんとなく

暗い印象があります。

でもこの駅はベンチの色が

水色・キミドリ・緑・・ばらばら。

カラフルベンチが

明るさを運んでくれました。

* * * * * *

ランキングにいちおう参加してます。
いつも応援ありがとうございます^^
にほんブログ村 写真ブログ カメラ女子(女性初心者)へ
にほんブログ村
[PR]
by yufuin-no-mikan | 2013-07-19 01:25 | 地下鉄
b0271141_14504444.jpg

埼玉県の北の果てまでいく

日比谷線。

地下鉄なのに、日の光を浴びてる時間の方が

長いみたい。

*  *  *  *  *  *  *  *

ランキングにいちおう参加してます。
いつも応援ありがとうございます^^
にほんブログ村 写真ブログ カメラ女子(女性初心者)へ
にほんブログ村
[PR]
by yufuin-no-mikan | 2013-06-21 15:04 | 地下鉄
b0271141_16571447.jpg

地下鉄をご利用のお客様で

はらぺこの方は、

入り口をお間違えのないよう

ご注意ください。


にほんブログ村 写真ブログ カメラ女子(女性初心者)へ
にほんブログ村
[PR]
by yufuin-no-mikan | 2013-04-28 17:15 | 地下鉄
b0271141_7311947.jpg

この看板、そんなに
古いわけじゃないと思うのですが
なんとなく古めかしい。

こんな形の電車、もう走ってないから?

こういう看板自体、あまりみない?

古い香りが残るこの街だから残っているのかしら。

都会の中の古くささに
なんとなく心惹かれるものが
ありました。
[PR]
by yufuin-no-mikan | 2013-04-16 07:35 | 地下鉄
b0271141_6321589.jpg

渋谷駅近く、銀座線が走っています。
その下は絶賛工事中。

今はこの写真を見ても
「ああ、工事中してるな」としか思わないけれど、
10年後には「あの頃東横線の駅はね・・」なんて
息子に語れるようになっているのかなあ。

そして10年後、息子はまだ鉄道に
興味を持っているのかな。
それ以前に母親と話してくれるのかな。

一枚の写真が、未来への手紙のように
思えました。
[PR]
by yufuin-no-mikan | 2013-02-05 06:30 | 地下鉄
b0271141_045322.jpg
芝生広場の片隅には野球のバットと得点板がありました。
後ろを千代田線がゆっくりと通り抜けていきます。
社員の方がお昼休みに野球するのかしらん。
そういえばもうお昼。
もうそろそろ家に帰らないと。
b0271141_045167.jpg

芝生を後にし、最後のアトラクションへ。
それは、制服撮影。
ゆふいんの森車内ではじめて制服を着たとき
とても嬉しそうだった息子。
きっと喜ぶはず。

うっ。すでにたくさんの親子が並んでいました。
息子達と別れて、私一人並ぶことにしました。

時計とにらめっこし、なかなかすすまない行列に焦る母。
制服、そこまでして着ることないのかな。親のエゴかな。
順番までに眠くなったらどうしよう。
あの子、全然喜ばなかったら・・・

と、突如順番がぽんぽんぽんと進み、
夫と息子もいいタイミングでやってきました。
ばたばたと制帽をかぶせられた瞬間、にっこり。
かわいい。ほっ。

制服効果でしょうか。
芸当が大嫌いな息子が、リクエストに答えて
きびきびと笑顔でカメラの方を向いて敬礼しています。
しかしやっているうちに敬礼というものわからなくなった息子。
b0271141_131770.jpg
しぇ〜。
数分の撮影を笑顔で終えると、
瞬く間にちびっこ運転士の魔法は消え
ふつうの子どもに戻りました。
b0271141_1324841.jpg


はじめての車両基地まつり。
家に帰り、お昼寝から目覚めた息子に感想を聞いてみると
「たのしい、たのしい、たのしいよー」。

かつて聞いた事のない「たのしい」の三段活用に
とっても楽しかったのだな、と嬉しくなりました。。

また来年もいけるといいな。メトロの車両基地まつり。
100cmの制服がもはやぶかぶかではないであろうことを
期待して。
b0271141_045261.jpg



おしまい
[PR]
by yufuin-no-mikan | 2012-11-21 01:35 | 地下鉄
b0271141_6292388.jpg
整備工場から出たら
そこには秋色の芝生が広がっていました。

芝生広場はまるで縁日。
食べ物の屋台と私鉄各社の屋台が軒を連ねていて、
いらっしゃい、いらっしゃいと声をかけています。
b0271141_22575624.jpg
メトロジャンパーを着て焼きそばを焼いてくれます。

芝生に腰をおろし、
3人で2本のフランクフルトを食べると
公園に来たようにのんびりした気分に。

のんびりついでに母が気になっていた銚子電鉄のブースに
いそいそと出かけている隙に、二人がいなくなってしまいました。
オレンジのジャンパー、オレンジのジャンパー・・・

あ、いた!
芝生にしゃがみこんで細長いものを見てる。何だろ?
b0271141_2258153.jpg
これは・・・駅にあるやつではないですか。
細長い南北線だけのと、東京メトロ全体の路線図が
袋の角をつきやぶって出ています。

聞けば埼玉高速鉄道のブースで記念乗車券を買ったら
ずいぶん親切にしてくれたらしい。

愛読書が「東京メトロ乗り換え案内」の息子にとって
路線図は最高のお土産になりました。

芝生広場を出ようというところで、またも人だかりが。
ピエロです。しかも二人!
ひとりは高足ピエロで、もう一人はバルーンのピエロ。
まるでサーカスの巡業がやってきたような華やかさです。
b0271141_22571663.jpg
風船で剣をつくって子どもたちを威嚇するポーズをとったり、
一転してかわいらしい花をつくったり、
完全に子どもたちを骨抜きにしています。

ピエロが人気者すぎて、後ろにみえる有楽町線が
なんとなくぽつねん、と寂しそうな感じに。
僕のことも見て、と言っているよう。

子どもは移り気なもんです。
今はこんなに毎日電車のことしか考えていない息子も、
1年後には戦隊ものに変わっているかもしれない。
それはすこし、いや、かなりさみしい。

だからこそ、
今のこの鉄道にかける青春を彼と一緒に、
行き着くところまで突っ走っていくんだ。

ピエロを横目でにらみつつ、
決意を固くした母でした。

つづく
[PR]
by yufuin-no-mikan | 2012-11-19 23:45 | 地下鉄
b0271141_520220.jpg
日比谷線を乗り終え、とりあえず目の前にあった
整備工場のような建物に入ると、
いきなり電車が吊り上げられていました。

息子、下から見たくなったのか
チェーンの内側に入ろうとして制止。

動く吊り上げ実演は見られませんでしたが、
これでも3歳児にはインパクトは十分なよう。

ミニ電車や車輪押しなど工場内でいろいろな
イベントが催されているのですが、
ミニ電車は偵察に行ったところ相当待つ様子。
無理だ。これはなかったことに。
瞬時に箝口令がしかれました。

うーん、何か並ばなくても楽しめるものはないかな・・・
向こうの方から子どもの歓声が。
ありました!
b0271141_5202222.jpg
ドドーン。
プラレール、メトロだけ勢揃い。

完全に包囲されるプラレール。
もともと慎重で内気な性格だった息子も
保育園で大勢の人の中での身の処し方を学んだおかげで
いつの間にか紛れ込んでいます。
b0271141_5202845.jpg
現在のメトロと昔のメトロ、新旧が共に走っています。
プラレールも50周年なんですものね。
b0271141_5202529.jpg

昔から電車もプラレールも
子どもたちと共に走って来たんだなあ。

この工場もおまつりが終われば
いつもの工場に戻るのでしょうが
今日のこどもたちの歓声がこだまとして残るのかな、
そんなことを思いました。
b0271141_5203249.jpg


つづく
[PR]
by yufuin-no-mikan | 2012-11-19 06:11 | 地下鉄
b0271141_5264096.jpg
窓の外は息子に任せて、母は窓の内側ばかり見ていました。
b0271141_5263865.jpg
南極からタロが帰還。上を向いて歩こう。プラレール発売。 昭和36年の出来事です。
b0271141_5263353.jpg

b0271141_528086.jpg
小学生が色鉛筆でこすり絵をしたものを展示してあります。柔らかい色が車内に合っています。
b0271141_5265473.jpg

b0271141_5292583.jpg
特等席はゆずれません。
b0271141_5263120.jpg
クジラのお腹に懐かしい営団マーク。
Mマークになったのは何年前だろう。

普段日比谷線にゆかりがなく、色もグレー、地味なので
ピンと来ていなかった私たち親子。
でも今日からふたりとも日比谷線を好きになりました。
ありがとうマッコウクジラ。

つづく
[PR]
by yufuin-no-mikan | 2012-11-18 16:21 | 地下鉄
b0271141_495577.jpg

日比谷線3000系がやってくると、
私たちの前に並んでいた小学生の三人組が
「マッコウクジラ来た」「おれマッコウクジラはじめて」などと
口々に言っています。

何?クジラ?
そういえばあたまでっかちな感じと、下半分に線が入っているとこが
クジラっぽいけど・・・気になる。
もう少しで小学生たちに聞きそうでしたが、
さっきも別件で質問してしまったので二度目はさすがに聞きづらく・・・
b0271141_563249.jpg
新米鉄道ファンのわたしたちは知りませんでしたが、
この営団3000系がマッコウクジラというあだ名があるのは
広く知られた話なのですね。
どちらかというとハードなイメージの電車にあだ名が、
しかも動物のあだ名がついているなんて、親しみがわきます。

そのクジラの乗車体験は短い距離を往復するので、
ほとんど待たずに乗れました。
息子もワインレッドのシートによじのぼって靴をぬぎ
後ろを向いて準備万端。出発です。
b0271141_585199.jpg
動き出した車窓からはめまぐるしく色々なものが見えます。
紅葉した樹々、数々のイベントのブース、青い小田急ロマンスカーMSE
千代田線16000系なども見えます。

短い短い旅が始まりました。

つづく
[PR]
by yufuin-no-mikan | 2012-11-18 05:20 | 地下鉄